ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながる

医者

椎間板ヘルニアの疑い

腰痛

腰に痛みを感じる人は年齢問わず多く存在しています。腰痛の原因は実に様々な為、細かな検査が必要になってきます。行徳の病院では問診を細かく行っていき、どの様な状態かを判断していきます。行徳の病院では姿勢と痛みに関する問診を行い症状の進行具合を判断します。人間の背骨はゆるやかなS字になっている為、前や後ろにかがむと痛みを感じる事もあります。特に前にかがんで痛みを強く感じる場合は椎間板ヘルニアの疑いがあります。前に背骨が傾く事で突起している骨が神経を圧迫します。その結果腰に強い痛みを伴ってしまうのです。反対に後ろにのけぞった時に腰に強い痛みを感じる様であれば、腰椎分離すべり症の可能性が高くなってきます。

行徳の病院では腰痛の状態に合った治療を行っていきます。内服薬を処方する場合もありますが、腰痛は定期的な運動で回復する事もあります。あらゆる腰痛の症状は筋肉の使い方が問題である場合や、腹式呼吸の不足でも起こってしまいます。行徳の病院では正しいストレッチ方法や運動方法を指導してくれます。筋肉を正しく使う事で骨盤をしっかりと支える事が出来ます。その結果腹筋がつき腰痛を引き起こす間違った姿勢を修正する事が出来るのです。行徳の病院では自宅で簡単に行えるストレッチを指導してくれます。必要であれば作業療法士と一緒に腰痛の緩和をストレッチで改善していく事も出来ます。行徳では個人に合わせた治療で腰痛の改善を目指しています。

Copyright© 2016 ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながるAll Rights Reserved.