ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながる

医者

フッ素との因果関係

女医

フッ素は骨肉腫を誘発の原因になると言われています。フッ素はうがい薬や歯磨き粉に含まれている成分の一種です。人体に害を及ぼす事もありますが微量であれば問題ない上、虫歯の治療や歯の健康に役立つ事から我々の生活の身近なところで存在します。ですがフッ素と骨肉腫の因果関係はまだ議論されている段階であって決定的な結論には至っていません。しかし日常生活の中ではフッ素を出来るだけ摂取しない方は骨肉腫へのリスク回避につながります。

骨の癌である骨肉腫は主に膝関節にあらわれる事があります。日常的に体を動かす習慣がないのに関節が痛みだした場合は骨肉腫の初期症状かもしれません。症状がすすんでいく関節が腫れてくる事もあります。関節が腫れると見た目にも明らかになる為すぐに医療機関で検査しましょう。骨肉腫の治療には抗がん剤の投与が行われます。抗がん剤は効果がある分強い副作用を感じる場合もあります。その他にも放射線治療が骨肉腫には有効的だと言われています。骨の癌である骨肉腫は症状が悪化してしまうと骨の切除を行わなくてはなりません。しかし切除は最終的な手段であり現代では可能な限り抗がん剤や放射線治療で対応しています。もしも切除する場合は部分的は切除で骨肉腫を取り除き、人工骨を移植して治療箇所への負担を減らす様になっています。骨肉腫は進行が早い癌なので、関節の痛みを感じる場合は出来るだけ早く医療機関の受診を行いましょう。癌の早期発見の為には定期的な検診も重要です。

Copyright© 2016 ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながるAll Rights Reserved.