ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながる

医者

自己免疫反応の異常

病院

腹痛や下痢が繰り返しおきるなら消化器系に異常をきたしてる事が原因と考えられます。人間は食物を体内に取り入れると胃や腸で栄養を吸収、分解を行っていきます。しかし臓器に炎症が起きている場合にはこの作用がうまく働かないので便の排出もうまく機能しなくなるのです。潰瘍性大腸炎になると血液が混じった下痢を伴うことがあります。これは大腸の粘膜が炎症を起こしている為便に血が混ざるのです。

潰瘍性大腸炎は遺伝性の病気でもあります。近親者に潰瘍性大腸炎が居た場合は遺伝する確率が高くなっています。潰瘍性大腸炎の発症は男女関係なく又、年齢も関係ありません。しかし多くの人が20代で潰瘍性大腸炎を発症しています。潰瘍性大腸炎の治療には内服薬の服用が基本となっています。副腎皮質ステロイド薬や免疫調節薬の服用を行っていく事で、大腸の炎症を改善していきます。さらに内服薬を服用する事で潰瘍性大腸炎が引き起こす腹痛や下痢を緩和する事が出来ます。潰瘍性大腸炎はしっかりとした治療を行う事で完治する事が出来る病気です。内服薬を体調や症状に合わせて処方してもらい根気強い治療を行う事は大事になってきます。潰瘍性大腸炎を一度発症した人は、完治した後にも定期的に内科の受診を行い再発を防ぐ事が大事になってきます。自覚症状が無い場合でも細かな検査をする事が大事です。重症化した場合は外科による手術にもなります。痛みを感じる場合はすぐに医療機関で検査を行いましょう。

Copyright© 2016 ストレスの原因を追究する事で自律神経失調改善につながるAll Rights Reserved.